製缶板金とは

鉄やステンレス材の金属板を切断、曲げ加工した物を溶接を行い、骨組み状のもや筐体を作る加工を言います。製缶板金の加工には、熟練した溶接の技術が必要となります。職人の手腕によって仕上がりの良否が決まると言っても過言ではありません。

精密板金とは

プレス板金と違い専用金型を用いず汎用金型や治具を組み合わせた、 多品種小量~中量の板金加工。電子機器、通信機器、半導体製造機器、 コンピュータ機器などの筐体や基盤を支えるパーツ等の板金加工。

精密板金の流れ

精密板金の主な加工内容

  • 金属板を切る。
  • 穴をあける(穴あけ加工・打抜き加工)
  • ネジ穴をあける(タッピング加工)
  • 穴をざぐる(ザグリ加工・皿ザグリ)
  • バリ・カエリを除去する。
  • 端面・角部などを面取りする(R面取り・C面取り・コーナーカット)
  • 金属板を曲げる(ベンディング・曲げ加工・ベンダー加工)
  • 金属板に突起・くぼみを付ける。
  • 板と板を溶接する。
  • 金属板の表面を処理する(メッキ・焼付塗装・アルマイト処理)

お気軽にお問い合わせください。029-283-2833受付時間 08:10 - 17:15 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。
PAGE TOP
MENU