化学物質管理

化学物質って何?からはじまる教育‼

製品含有化学物質管理の基本製品含有化学物質の基本は、各組織が設計・開発の段階で購買、製造、引渡しの各段階における製品の含有化学物質に関わる管理基準を明確にし、その基準に沿った適切な管理が行われることを確認すること。

 

地球温暖化抑制のためのCO2抑制、環境汚染や人への被害防止のための化学物質規制や製品の利用環境である電磁波や騒音なども包含した製品の環境負荷低減のためのDfE(Design for Environment:環境配慮設計)など広範囲になっています。国際的に化学物質規制が厳しくなっていますがこの化学物質規制への対応が出来ない企業は、市場に参加することが難しくなりつつあり、とりわけ、製品に含有する化学物質の規制への対応が重要になっています。

製品が廃棄・リサイクルされた際その後の処理によっては含有化学物質による人の健康被害や、環境汚染を引き起こす 可能性があります。製品にどのような化学物質がどの程度使用され、また、その化学物質がどのようなリスクを有するかを把握し管理することは大変重要なことです。

当社は、製品材料から製造工程に係る購入部材全般に関し、欧州RoHS指令における禁止10物質(2019年7月以降追加)について各メーカからRoHs証明書の発行による管理の徹底を行ってまいります。

RoHs指令の禁止物質と規制濃度

禁止物質 規制濃度(閾値) 備考
0.1wt%(1,000ppm)
水銀 0.1wt%(1,000ppm)
六価クロム 0.1wt%(1,000ppm)
PBB(ポリブロモビフェニル) 0.1wt%(1,000ppm)
PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル) 0.1wt%(1,000ppm)
カドミウム 0.01wt%(100ppm)
DEHP(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質
BBP(フタル酸ブチルベンジル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質
DBP(フタル酸ジ-n-ブチル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質
DIBP(フタル酸ジイソブチル) 0.1wt%(1,000ppm) 新規追加物質

※2019年7月以降に禁止物質として追加された。
欧州RoHs指令やREACH規制を始めとする国内外の化学物質関連法規制に対応するため、製品に含まれる化学物質の調査を行い、お客様へのタイムリーに情報をご提供します。