加工技術

溶接

高度な技術によりあらゆる材料の溶接が可能となっている。
Tig溶接・Mig溶接・アルミニウム溶接・ステンレス溶接・半自動溶接・スポット溶接・スタット溶接

レーザー抜き加工

抜き加工(ブランク加工)はレーザー加工の特徴は、切断幅が小さく、金属に対しての熱影響が少ないので、歪が少なく、自由な形状と、滑らかな切断面が得られます。

複合機(パンチ/レーザー)マシン加工

パンチ・レーザー複合加工は、パンチ加工(タレパン加工)とレーザー加工それぞれの長所を生かすことができる。

高速タッピング加工が可能なマルチタッピング装置。

円筒レーザー加工(ファイバーレーザマシン)

薄板から厚板、パイプ形鋼までフルレンジで安定加工が可能
4軸を同時制御、角パイプのコーナー高速安定加工を実現端面位置を測定し長尺パイプのねじれを補正しセンター基準で加工することが可能です。
また、フランジ等基準面からの位置を補正し図面指示をより高精度に加工することが実現

曲げ加工(ベンディング加工)

ワーク(金属)を型に合わせて特定の形状や角度に変形させる加工のことです。
ちなみに曲げの種類には、直角曲げ・Z曲げ・ヘミング・箱曲げ・V曲げ・ロール曲げなどがあります。

バリ取り

バリが残ることで、様々なトラブルの原因となります。バリがあることで、工作物に触れる人に危害が及ぶ原因となります。

ショットブラスト

銅や鋳鉄製の粒子などを金属の表面に吹き付けたり打ち当てたりして表面を仕上げるため、ショットブラストと呼ばれる。

金属などの表面のサビや汚れを落としたり、表面を均一化したり、塗装やコーティングなどの密着性を向上させるための下地処理として行われる。

各種表面処理

製造工程の最後に行うもので材料表面に「めっき」や「塗装」などを施し強度や耐久性を高め物理的及び化学的特性を改善することです。

粉体塗装 溶剤塗装(焼付塗装)
過酷な環境にも耐えられる強力な塗膜
粉体塗装は一度の塗装で最大150ミクロンにおよぶ塗膜を形成することができる。
焼付塗装は装飾性と防錆性を高めることと、硬度や耐薬品性にも優れた製品となる。